星のカービィ

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス 購入+感想-1

そもそも、このブログをほったらかしにしていたのは
すべてこのゲームのせいだ。
と断言します。

ニンテンドーDSを買ったのは決して ポケットモンスタープラチナのためでもなく、このゲームのためだと言っても過言ではない。そういいきります。 

Amazonで購入のため、11/6ではなく、1日遅れで到着、その日に60%以上は制覇してしまいましたよ。

さて、このゲームはかつて スーパーファミコン時代の 星のカービィ スーパーデラックスをニンテンドーDS向けに改良したものとなっています。
多彩なゲームモードを持ち、さまざまな遊び方ができる上、二人同時プレイができるアクションゲームとして高い評価をされました。その一方でデータが消えやすい問題点もあります。しかし、何度もプレイしても飽きないというのがすごいところです。
そういう、作者もオリジナルのスーパーデラックスは結構やりこみましたよ。無論データは消えていきましたが・・・。

さて、2008年、12年の時をかけて解き放たれたウルトラスーパーデラックスの感想みたいなものをこれからつづっていこうかと。
主観も多いので・・

グランドオープニング
スーパーデラックスといえば、というオープニングが3D CGに。オリジナルでは擬似的な3Dでしたが、DSでは完全な3DCGに。隠しでウインクするバージョンもあって遊び心は抜群。曲も下手に変えたりせず、オリジナルを意識しています。

以下、続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省中

今、帰省中です。もう夏休みも後半なのですが。
おかげさまでKBS MBSの視聴はできません・・

そのかわりに、なぜかWiiというニンテンドウのゲーム機があることをいいことに
ゲームキューブソフトの『カービィのエアライド』という全年齢対象のアクションレースゲームをやっています。(Wiiはゲームキューブソフトに対応している)
タイトルからしてわかりにくい、エア=空中 ライド=遊泳みたいなものでしょうか。
エアライドマシンと呼ばれるものに乗り、レースをするというもので
星のカービィ アニメ版末期の2003年夏に発売されました。
Aボタンしかとコントロールスティックしか使わないという大変シンプルな操作で、
ありつつ奥が深いというものですよ

今年の8月にネトオクで入手し、ゲームキューブのコントローラーも購入して
プレイしているわけですが、『シティトライアル』ばかりやっています。

エアライドマシン育てます。そういうモードでひたすらアイテムを集めて
加速、旋回、飛行、攻撃などを強化していき、最後の決戦に挑むというもので
これがはまる要素です。

次はスマブラXでしょうか。買ったコントローラーも使えますし
おそらく発売時期からすると冬のコミケット帰りのプレイになりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

星のカービィ#007 逆襲!ダイナブレイド

ダイナブレイドとは鳥です。
とはいえ、この鳥、どうみても3Dです。違和感があります。
そのうえ、カラフルです。

どういうキャラからわからない人は、『星のカービィ スーパーデラックス』をやってください。
とはいえ、このアニメは原作無視型なのでストーリー的には全くつながりはありませんが。

シナリオは単純にいえば、デデデ大王にだまされて
カービィが100年に1度しか存在しないダイナブレイドのタマゴを食べてしまったのではないかというもの。そりゃ、親は怒るでしょうねえ。
とはいえ、アクションシーンが妙に多いのがこのアニメの特長。
やはり、3D時代に感謝ですか。むろん、最後はカービィがヒナを育てていたというエンドなので安心。
後の話でもダイナブレイドはでてきますので。だんだん3Dの違和感が減っていきます。

TOKYO MX 木曜6:30から再放送中です。
東京の方のみです。
作者はVHSで全話視聴していますので。DVDはって。でてません。オワタ

どうしてもリアルタイムにみたい方は総務省の「次世代P2P型コンテンツ流通高度化技術に関する研究開発」によって開発されたP2Pテレビのアプリケーションでも使ってがんばってください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)